お客様サポートセンター(平日10:00~20:00)0120-917-948

子供が朝起きられないのは病気のせい?起立性調節障害とは?

子供が朝なかなか起きられなかったり、体調が悪いと言ったりして、学校に行かない!

「勉強もしないでサボってばっかり」「どうせまた仮病なんでしょ」などと思っていませんか?

朝起きられない、立ちくらみやめまいがする、寝たいのに眠れないなどの症状は、実は「起立性調節障害」という病気が原因かもしれません!

ただ単に怠けているのではなく、病気のせいで体が思うように動かず、やる気はあってもだるくて動けないのです。

現在、この病気に悩む子供がとても増えていて、不登校の子供の3~4割が起立性調節障害を発症しているという調査結果もあるほどです。

ここでは、起立性調節障害の原因や対策について解説していきます。

お子様の症状をチェック!

子供が起立性調節障害かどうかチェックする

次のチェックリストは、起立性調節障害かどうかを診断する目安になります。

あなたのお子様はいくつ当てはまりますか?

  • 朝なかなか起きられず、午前中は体調が悪い
  • 立ちくらみやめまいがよく起こる
  • 少し動いただけで動悸、息切れがする
  • 頭痛や腹痛が起こりやすい
  • 立っていると気持ち悪くなったり、失神することもある
  • 何となく体がだるい、疲れが抜けない
  • 嫌なことがあると具合が悪くなる
  • 顔色が悪いとよく言われる
  • 貧血になりやすい
  • 寝付きが悪くて、眠るまでの時間がかかる
  • 午後になると調子が良くなる
  • お腹はすくのに食べたくない
  • 乗り物酔いしやすい

この項目のうち3つ以上当てはまった場合は、起立性調節障害の疑いがあります。

起立性調節障害とはどんな病気?

子供に起こりやすい起立性調節障害とは?朝起きられないのは病気が原因?

「起立性調節障害」は、思春期に発症しやすい自律神経失調症の一種で、OD(Orthostatic Dysregulation)とも呼ばれています。

循環に関する自律神経の働きが悪く、起立時に体や脳への血流が低下する障害です。

聞き慣れない病気ですが、なんと中高生の10人に1人が発症するといわれており、日常生活に支障をきたすこともあります。

起立性調節障害の代表的な症状としては、「朝起きられない」「立ちくらみがする」といったような訴えが多く、日によって訴える症状が変わるケースもよく見られます。

その他にも動悸、息切れ、睡眠障害、食欲不振、腹痛、頭痛、倦怠感などの症状があらわれます。

全身に十分な血液が行き渡らないため、脳への血流量が低下してしまい、思考力が低下したり、集中力がない状態が続いてしまうのです。

これらの症状の出方は個人差があり、人によってさまざまですが、午前中は体調が悪く午後になると良くなる傾向があります。

また、起立性調節障害はうつ病と間違われやすい病気です。

しかし、うつ病の治療薬を使用すると、かえって症状を悪化させる場合もあるので注意が必要です。

起立性調節障害になる原因は?

起立性調節障害は、自律神経の乱れやストレスなどが原因で発症する

キリツテイン

起立性調節障害は、「自律神経の乱れ」や「ストレス」などが主な原因となって発症します。

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経です。

自律神経には、体の活動時や昼間に活発になる「交感神経」と、安静時や夜に活発になる「副交感神経」の2種類があり、常にスイッチを入れ替えながら体の働きのバランスをとっています。

起立性調節障害の子供は、この自律神経の働きが乱れやすいため、血圧の調節がうまくできず、脳や心臓への血液が不足してしまいます。

その結果、「朝起きられない」「立ちくらみ」「動悸」といった症状があらわれやすくなり、学校に行けなくなってしまうこともあります。

思春期は非常にデリケートな時期

思春期の子供は、気持ちが落ち込んだりイライラしたりしやすくなっているので、接し方にも工夫が必要です。

現在、学校生活において人間関係トラブルも起こりやすく、様々なストレスや不安を抱えてしまうと、起立性調節障害の発症につながります。

特に思春期はデリケートな時期でもあり、学校や家庭でのストレスを感じやすく、ちょっとしたことでも傷つきます。

「早く起きなさい!」「学校に行きなさい!」などとりつけてしまうのは、かえって逆効果です。

身体がつらいのに登校しなければならないという心理的な圧迫感が、さらに病状を悪化させてしまいます。

朝起きるのが辛いお子様へ!

医薬品を使用して起立性調節障害を治療する方法もありますが、どんな病気であれ、子供は病院に行きたがらないものです。

また、薬を飲み始めてもすぐに効果があらわれることは少なく、効果を実感するまでに2週間~1か月ほどはかかるといわれています。

そのため、副作用を心配される方も多いと思います。

「キリツテイン」は、起立性調節障害に悩む方のために開発されたサプリメントです。

医学雑誌にも掲載され、今注目されている成分「L-テアニン」を高濃度配合。

L-テアニンはお茶に含まれるアミノ酸の1種で、臨床試験において、様々な効果が確認されています。

気分をリフレッシュしたり、不安傾向の高い人においてもリラックス効果が認められています。

テアニンを繰り返し使用しても心身ともに無害であることが研究を通じて明らかにされています。

キリツテインは医薬品ではなくサプリメントなので、副作用を気にせず、お子様にも安心して毎日飲ませることができます。

3大成分がめぐりをサポートする

さらに、キリツテインには「ヘム鉄」「高麗人参」「亜鉛」といっためぐりをサポートする3大成分も配合。

起立性調節障害の子供は、血液による酸素と栄養の供給が悪いため、すぐに疲れたり、また疲労からの回復が遅れます。

めぐりが悪くなると、冷えや肩こり、腰痛、胃腸の不調、肌荒れなどのさまざまな不調を招くようになります。

これらの成分の相乗効果により、体内の代謝と血行を改善していくことで、「朝起きられない」「立ちくらみがする」といった症状緩和が期待できます。

また、心と体は一つにつながっているので、めぐりが良くなることによって、心の悩みまで解決したというエピソードもあります。

お子様のお悩みを解決するために

子供の悩みを解決して、毎日楽しく学校に通えるようになるために

現在、中高生の10人に1人が発症しており、注目されてきている起立性調節障害。

「学校に行きたいけど行けない」「このままではいけない」など、同じような悩みを抱えている人は大勢います。

そんなお子様のお悩みを解決するためにつくられたのが、キリツテインです。

元気を失くした子供の笑顔を取り戻すために、キリツテインが少しでもお役に立てれば幸いです。

今なら50%OFFのお得なキャンペーンも実施中なので、この機会にぜひご利用ください。

キリツテインが辛い朝を快適サポート!

Support

ささいな事でもけっこうです。
何か分からない事がありましたらお気軽にご連絡ください。
心を込めて対応いたします。

Tel

0120-917-948

10:00-20:00(土日祝除く)

Mail

support@
real-healthcare.com

24時間365日受付
土日祝のお問合わせには翌平日(10:00~20:00)にご回答いたします。
返信が来ないという方は、迷惑メールフォルダやドメイン指定が原因の可能性がございますので一度ご確認をお願いいたします。

  • キリツテイン
  • 全国児童養護施設ロゴ