お客様サポートセンター(平日10:00~20:00)0120-917-948

子供の朝起きれない原因は?大人はストレス・低血圧・酒が原因?

まず、考えられるのは低血圧であるということです。

低血圧の人は、1年を通して、また1日の間もずっと低血圧の症状で悩まされます。

それは朝も同じです。低血圧はその名前のとおり、血圧が低い状態です。

血圧が低いと、基本的に血がスムーズに身体中を巡りにくい状態なため、長時間立っていたり、階段を昇ったときなどに、子供だけでなく、大人になっても朝起きれない…。

その原因は一体なんでしょうか?

ストレスによる自立神経の乱れ?低血圧?お酒?あるいは病気でしょうか?

起立性調節障害の可能性も考えられます。

朝起きれない原因を把握し、自分の症状を観察することで、朝起きれない病気を改善していきましょう。

子供を朝起きれるようにする3の方法

子供が朝起きれないでグズグズとしていると、「学校へ遅刻してしまうかも」「体調が悪いのかも」と親としては心配になってしまいます。

目覚まし時計や携帯・スマートフォンのアラーム機能を使ってできれば自分の力で朝起きてほしいもの、それが難しくても親の声かけでちゃんと朝起きれるようになってほしいですね。

「朝起きなさい」と怒るのではなく、まずは子供が朝起きれない原因を見直し、改善を。

それでも朝起きれないようだったら、3つの方法を試して、子供が朝起きれるようにしましょう。

まずは朝起きれない原因の見直しから

子供が朝起きれない日が続いてしまったら、まずは朝起きれない原因を見直しましょう。

朝起きれない原因のほとんどが、しっかりと良質な睡眠をとれていないことに起因します。

良質な睡眠がとれていないのは、寝る前の行動が良くないからです。

寝付きを悪くさせてしまったり、なんとか眠りにつくことができてもぐっすりと安眠できない状態をつくってしまいます。

特に中学生や高校生など思春期の子供には、よくやりがちな朝起きれない原因が生活の中に隠されていますので、チェックしてみてください。

中学生や高校生になると、携帯・スマートフォンを子供に持たせる親も多いと思います。

早い子だと、小学生になる頃には自分の携帯・スマートフォンを持っている子供もいるほどです。

この携帯やスマートフォンが、夜寝れない原因になっています。

夜寝る前まで、友人と連絡を取り合っていたり、SNSをしたり、いろんな情報サイトを見ていたりすると、情報やスマートフォンや携帯から発されている光が目を刺激し、それが脳まで刺激してしまいます。

友人とのメッセージのやりとりや、新しい情報を常にチェックしている行動は、脳に新しい情報を常に送っていることになり、その情報は脳にとっては刺激になります。

脳に刺激が与えられていると、交感神経が優位になりやすく、眠りたくても交感神経から副交感神経に切り替わらないため眠くなりにくくなります。

また、スマートフォンから出ているブルーライトも脳を目覚めさせてしまう作用があります。

ブルーライトは、その波長が朝の朝陽と似た光なため、目から入ったその刺激により、脳が朝や昼間と勘違いしてしまうのです。

そのため、寝る直前までスマートフォンをいじっていると、脳は朝や昼間だと思ってしまい、眠くなりにくくなります。

また、ブルーライトは、目を疲れさせやすい光でもあるため、目が疲労や緊張を感じて、緊張状態になってしまいます。

スマートフォンから仕入れている新しい情報、ブルーライトが眠りにつきにくくさせてしまい、ぶっすりと眠れなくなり、朝起きれない可能性があるということを知っておきましょう。

中学生、高校生、早ければ小学生のうちから塾に通う子もいるのではないでしょうか?

また、中学生や高校生になると、学校でのテストや期末試験、塾の試験、受験勉強など、勉強をしなければいけない機会が多くなります。

宿題も増えるでしょう。

ですが、夕方まで部活動を一生懸命やっていたりすると、勉強をする時間がどうしても夜になり、間に合わなければ深夜にまで及んでしまいます。

特に試験前や受験シーズンには、不安な気持ちと戦いながら、「もうちょっと、もうちょっと」と思い、徹夜してしまうこともあります。

「成績が良いと嬉しい」という親のプレッシャーも感じているかもしれません。

部活動や勉強に一生懸命になるあまり、就寝時間が遅くなることがあるでしょう。

また、「12時には寝よう」と寝る時間を決めていても、ギリギリまで集中して勉強をしていると、すぐに寝つきにくくなってしまいます。

勉強机の照明や、参考書・教科書などを見やすい明るさの電球は、人の目を疲れさせてしまったり、その光の刺激が脳を興奮させてしまいます。

また、集中していたり、新しいことを覚えようとしていると、脳は活性化しており交感神経が優位な状態になります。

すると、勉強を急に終わらせて眠りにつこうとしても、副交感神経への切り替えがスムーズに行われず寝つきが悪くなります。

また、体が疲れていて眠りにつけたとしても、脳は活性化しているため、深くおだやかな睡眠をとることができず、朝起きれなかったり、起きれたとしても疲れがとれず体がすっきりしない状態になってしまうのです。

子供がどうしてもやりがちな、就寝前までのスマホいじりや、勉強が朝起きれない原因になっているかもしれません。

子供の健康を考えると、安眠をとり、気持ちよく朝起きれるようになってほしいものですね。

子供を起こす3つの方法

朝起きれない原因を、大人が子供と一緒になって改善してあげても、目覚ましやアラームで自力で起きれない様子が続くようだったら、ぜひ子供を起こす以下3つの方法を試してみてください。

 

眠りが浅いタイミングに

レム睡眠、ノンレム睡眠という言葉を知っていますか?

人の眠りのサイクルに合わせて表れる浅い睡眠=レム睡眠、深い睡眠=ノンレム睡眠です。

人は、子供でも大人でも約90分周期で、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。

このうち、眠りの浅いレム睡眠のタイミングで、起きるとすっきり起きやすいと言われています。

子供の寝る時間がだいたいわかるようであれば、睡眠サイクルを計算し、レム睡眠のタイミングで起こすとよいでしょう。

日光を浴びせる

人の体は、不思議なことに朝、光を浴びることで、朝を認識し、脳が交感神経に切り替わり、体が活動できるようになっていきます。

ですから、朝起きれない子供に声をかけながら、部屋のカーテンを開けて、日光を浴びせ、朝の光を感じれるようにしましょう。

水分補給を

夏場だけでなく、冬でも、睡眠中は大量の汗をかいています。

約6時間もの間睡眠をとらないため、体の中の水分がカラカラになっている状態です。

体内の水分量が足りていないと、血圧があがりにくく血が身体中を巡りにくくなってしまいます。

ですから、朝起きれない子供に、声をかけた後、コップ一杯の水を飲ませてあげるようにしましょう。

水を飲んで10分、15分経った頃には、体が活動しやすくなっているでしょう。

思春期の子供が朝起きれない原因は「起立性調節障害」?

中学生や高校生の思春期の子供が、朝起きれない原因は、「起立性調節障害」かもしれません。

大人は、自分の子供が朝起きれない状態が続いたら、早く就寝させたり、よく眠れるような環境を作ってあげたり、子供が朝起きれるようになるためにいろいろな工夫をするでしょう。

それでも、子供が朝起きれない状態が改善されない場合には、「起立性調節障害」の可能性を疑ってみましょう。

起立性調節障害の症状や特徴

起立性調節障害は、中学生や高校生など、思春期の子供に表れやすいという特徴があります。

起立性調節障害は、自律神経がうまく機能せずに、朝起きたときや急に立ち上がった時などに、血圧があがらず体に不調があわられるものです。

なぜ思春期の子供に多いかというと、自律神経は体のさまざまな機能のなかでも成長が遅い言われている神経だからという理由があげられます。

特に中学生や高校生の思春期の子供は、1年に身長が10センチ伸びる子もいたり、脇毛やヒゲ、すね毛などの毛が生えたり、女の子だと初潮を迎えたりとホルモンバランスが子供から大人になるために大きく変化します。

目に見えて身体的に大きく変化しているのに比べて、自律神経はまだまだ成長途中なため、体の機能に不調が生じてしまい、それが自律神経に不調があらわれると考えられています。

そのため、起立性調節障害の症状を訴える子供が多いのです。

また、その症状はさまざまです。

朝起きれないこともあれば、頭が痛い、気分が悪い、イライラする、頭がぼーっとしてしまう、やる気がおきない、立ちくらみやめまいがするなどがあります。

しかし、その症状に共通しているのが、症状の表れるタイミングです。

これは起立性調節障害の特徴でもあります。

朝起きれない症状にその特徴が現れているように、リラックスしている状態から朝起きるような活動状態になるときや、急に立ち上がったときに症状が現れます。

また、朝起きてから、午前中にはずっと症状が続いていても、お昼過ぎや午後になると症状が回復してきます。

さらに、夕方・夜になる頃には、午前中の不調が嘘のように元気になり、夜には目がさえてしまい寝れなこともあるほどです。

起立性調節障害はストレスが原因かも

起立性調節障害で注意したいことは、原因の一つにストレスが考えられることです。

思春期には自律神経が成長途中であることが、主な原因ではありますが、ストレスも自律神経を乱してしまう原因となるため、起立性調節障害の原因になり得るのです。

中学生・高校生といえど、子供も十分大人です。

日常のさまざまなところでストレスを感じています。

部活動や学校での人間関係、部活や勉強での競争、また自我が強くなりはじめ周囲と自分を比較するようにもなります。

キリツテイン

また、学校の先生や、家族など周囲の大人からの期待をプレッシャーに感じているかもしれません。

子供が日々感じているストレスを大人が解消してあげることは難しいですが、一人になる時間を作ってあげたり、たまの夜更かしを許したりと、ストレス解消のサポートはしてあげるようにしましょう。

大人でも朝起きれない…その原因は?

大人なのに、朝起きれない…。

それは怠けているからなのでしょうか?意志が弱いからなのでしょうか?

大人でも朝起きれないその原因は一体なんなのか、考えてみましょう。

大人が朝起きれない原因とは?

大人なのに、朝起きれない原因とはなんでしょうか?

朝起きれない原因は、いくつも考えられ、一つではなく複数の原因が重なっています。

低血圧

クラっとしてしまうことがあります。

特に、急に立ち上がった時にもその症状は表れます。

また、睡眠時は特に体がリラックスしており、血圧も自然に下がるため、朝は健常な人よりも、体中に血液が行き渡るのに時間がかかってしまい朝起きれない原因になってしまうのです。

お酒

大人になると、お酒を飲む機会が増えますよね。

友人の誘いや、会社の付き合い、またお酒が好きな人は、家で飲むこともあるでしょう。

このお酒が、朝起きれない原因になっています。

お酒を飲むと、アルコールを分解するために、体が活動していたり、酔っていて脳が麻痺に似た状態になったり、またトイレに行きたくなったりといろいろな理由で、よく眠れません。

たくさんお酒を飲んだ日に、よく目が覚めてしまった経験はありませんか?

また、お酒を飲みすぎたり、日常的にお酒を飲む生活を続けていたりすると、肝臓が疲れてしまったり、肝機能障害になることがあります。

肝臓が疲れていると、熟睡しにくくなるため、朝すっきりと起きれない原因になります。

お酒を飲む量はほどほどにし、肝臓を休ませるためにもお酒を飲まない日を意識的に作るようにしましょう。

ストレス

大人になると、子供の頃とはまたちがったストレスを感じるようになります。

仕事で新しい仕事を任されて責任を感じたり、成績をあげようとしたり上司の評価が気になってプレッシャーに感じることもあるでしょう。

さらに、職場での人間関係など気になることもあります。

また、家庭でもお金のことや、子供の事、妻の事、家族からの期待、社会的なプレッシャー。

世界が広がる分、気になることやストレスに感じることも増えてしまいます。

大人の起立性調節障害の可能性も

朝起きれない原因として、起立性調節障害の可能性もあります。

中学生や高校生など思春期の子供の病気だと考える人も多いですが、大人でも起立性調節障害になることがあります。

大人の起立性調節障害は、じつは子供の頃病院で診断された経験がなくても、軽度の起立性調節障害であり、それが大人になって再発したということがあります。

あるいは、もともと低血圧気味だったり、循環器に問題があったり、過度なストレスを感じ自律神経に支障をきたしていることも。

過度なストレスや、ストレス状態が長く続いてしまうと、見た目には現れないため気づかないかもしれませんが、心には負担になってしまっています。

その結果、会社へ行くのが辛くなり引きこもりになってしまったり、うつ病などの心の病気になってしまうことがあります。

それ以外にも、体のいろいろな部分に不調があらわれたり、起立性調節障害の症状がでてしまうことがあります。

それが、朝起きれないや、朝〜午前中に頭痛がしたりやる気がでなくなるなどです。

大人の起立性調節障害の症状は?

大人なのに、朝起きれない。

そんな自分の朝起きれない原因が、低血圧なのか?お酒のせいなのか?ストレスのせいなのか?

あるいは、起立性調節障害なのか?見極めるためにも、起立性調節障害の症状の特徴について知っておきましょう。

<起立性調節障害の症状>

  • 朝起きれない
  • 気分が悪くなる
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 立ちくらみやめまい
  • イライラする
  • ぼーっとして、やる気が出ない
  • 全身の倦怠感

これらの症状があらわれますが、観察してほしいのは症状が表れるタイミングです。

起立性調節障害という名前の通り、起立時にその症状がよく表れます。

座っていて急に立ち上がった時や、朝、横になっていて起きようとした時などです。

朝起きたときに症状が表れてから、午前中はずっと頭痛がしたままだったり、ぼーっとして倦怠感を感じたりしますが、午後、お昼過ぎになると不思議と体調が回復してきます。

そして、夕方や夜になると、すっかりと元気になり、頭もすっきりし、目もさえてきてしまうのです。

夜寝たくても寝れないほどです。

症状自体は、うつ病の症状や低血圧の症状に似ているのですが、症状が表れるタイミングや動作に特徴があるため、自分の症状と照らし合わせて、朝起きれない原因が、起立性調節障害かどうか判断してみてください。

起立性調節障害の可能性が?まずは病院へ!

子供に朝起きれない日が続いている、大人なのに朝起きれない、そんな症状が続いてしまうと、病気なのか不安になりますよね?

それは、起立性調節障害の可能性があります。

起立性調節障害の可能性が高いと思ったら、まずは病院へ行き、医師の診断を受けるようにしましょう。

子供の起立性調節障害は小児科へ

大人からみて子供が起立性調節障害と思ったら、小児科へ連れて行きましょう。

中学生や、高校生の子供でも小児科へ連れて行ってあげてください。

じつは、起立性調節障害は病院の医師でも、まだまだ知らない人がいる病気です。

大人も受診する内科や、循環器科、あるいは心療内科など、違う病院へ連れて行ってしまうと、「精神的な問題」や「低血圧気味」あるいは、「様子を見ましょう」と、異なった診断をされてしまうことがあります。

子供といつも接している学校の先生でも知らない人がいます。

起立性調節障害に関する論文や、研究、本などはほとんどが小児科の医師によるものです。

ですから、起立性調節障害に関しては小児科医が一番詳しいのです。

中学生や高校生の子供が、「もっと小さい子供の行く病院」と恥ずかしがってしまうようだったら、病院へ事前に電話して予約したり、患者さんの少ない時間帯を聞いたりして、子供の負担が少ないように受診ができるようお願いしてみるのもよいでしょう。

小児科での診断のもと、起立性調節障害だったり、あるいは心療内科や循環器科も同時に受診することが勧められることもあります。

大人の起立性調節障害は?

大人の起立性調節障害の場合は、まずは総合内科です。

もし、子供の頃に、病院で起立性調節障害の診断を受けたことがあれば、そのことを必ず伝えましょう。

そんな人は、大人になってからも、ストレスや不規則な生活により、また起立性調節障害になってしまうことがあります。

しかし、基本的には、大人になってからは自律神経も発達し、起立性調節障害とはなりにくいため、もともと血管や心臓などの循環器が弱かったり、低血圧だったり、あるいはうつ病などの心の病気になっているということが、考えられます。

総合内科では、それらの可能性を考えながら、総合的に判断してくれます。

総合内科を受診後は、循環器科や診療内科、精神科などの、専門科を紹介されることも多いです。

また、病院での医師の診断の参考になるように、症状だけでなく、症状があらわれるタイミングについてもしっかりと観察しておいて、伝えるようにしましょう。

朝起きれないことや、仕事で長時間座っていて急に立ち上がった時に気持ち悪くなることなどです。

起立性調節障害の診断方法とは?

いざ、病院へ行ってみて、起立性調節障害の診断をするためにはどのような診断方法が用いられるのでしょうか。

まずは、医師による問診があります。

症状の内容や、症状がどんな時に表れるのか、大人であれば子供の時の既往歴なども聞かれます。

聴診器で心臓の音や、血流音の確認もあるでしょう。

そこで、起立性調節障害の可能性があれば、さらに血圧測定や血液検査、心電図も使用されます。

これらの検査で、それぞれに異常がない場合に、ほとんどの場合が起立性調節障害と診断されます。

そして、起立性調節障害と考えられた場合に、さらに新起立試験が用いられます。

新起立試験は、起立性調節障害の4つあるサブタイプのうち、どのサブタイプに分類されるかを診断するものです。

サブタイプにより、処方される薬や治療方法が異なってきます。

新起立試験では、病院で検査室など静かな部屋で横になり安静な状態を10分程度保ちます。

その状態で、胸の音を聞いたり、血圧測定、心電図で確認があります。

10分経過した後は、立ち上がり、立ち上がった直後、1,3,5,7分後の血圧、心電図、血流音の検査があります。

その際には、自分の症状を医師に伝えるようにしましょう。

まとめ

朝起きれない原因は、低血圧やストレスお酒などが考えれれますが、大人も子供も起立性調節障害が考えられます。

▼ 子供の朝起きれない原因は
就寝前のスマホいじり、勉強による就寝時間の遅れ

▼ 子供を朝起こす方法
レム睡眠のタイミングを狙う、朝陽の光を浴びせる、水分補給をさせる

▼ 子供の朝起きれない原因は、起立性調節障害かもしれません

▼ 大人の朝起きれない原因は
ストレスによる自律神経の乱れ、お酒によって熟睡できないこと、低血圧による血流の悪さ、起立性調節障害が考えられる

▼ 起立性調節障害の可能性があれば、まずは病院へ

▼ 子供の起立性調節障害は小児科へ

▼ 大人の起立性調節障害は総合内科へ

朝起きれない状態が長く続いてしまうと、その本人にとっては周囲からの評価が気になってしまい、引きこもりや不登校、うつ病になってしまう可能性もあります。

朝起きれない原因をしっかりと考えて、一つ一つ改善していきましょう。

それでも、改善されない場合には、起立性調節障害の可能性があります。

起立性調節障害かもと思ったら、「朝起きれない病気なんて」と躊躇せずに、すぐに病院へ行き、医師に診断してもらいましょう。

Support

ささいな事でもけっこうです。
何か分からない事がありましたらお気軽にご連絡ください。
心を込めて対応いたします。

Tel

0120-917-948

10:00-20:00(土日祝除く)

Mail

support@
real-healthcare.com

24時間365日受付
土日祝のお問合わせには翌平日(10:00~20:00)にご回答いたします。
返信が来ないという方は、迷惑メールフォルダやドメイン指定が原因の可能性がございますので一度ご確認をお願いいたします。

  • キリツテイン
  • 全国児童養護施設ロゴ