お客様サポートセンター(平日10:00~20:00)0120-917-948

子供から口臭がする原因とは?どのように対処すれば良い?

夜ちゃんと歯を磨いて寝たのに、朝起きた時に子供の口臭が気になったことありませんか?

口臭は大人だけのものだと思われがちですが、実は子供でも口臭が発生することがあり、本人も気付いていないという傾向もよく見られます。

しかし、口臭はとてもデリケートな問題の一つなので、自分の子供といえども「臭い」と指摘するのは難しいですよね。

それが原因でイジメにあったりしないかと、子供の口臭が気になっている親御さんも多いようです。

毎日入念に歯磨きをしたり、マウスウォッシュなどで口臭ケアしているにもかかわらず、子供から口臭が発生してしまう原因や対処法について解説します。

子供から口臭がする3つの原因とは?

子供から口臭がする原因は主に3つあると言われています。

それぞれ原因や対処法も異なるので、正しい知識をしっかり身につけておく必要があります。

【原因①】歯磨きが不十分

毎日の歯磨きで念入りにブラシで磨いていても、歯の細かい溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目など、ハブラシが届きにくいところは磨き残しが多くなりがちです。

キリツテイン

ブラッシングがうまくできずに磨き残しが多くなると、虫歯や歯周病になってしまい、それが原因で口臭が発生することがあります。

毎日の正しい歯磨き習慣が口臭予防になるので、子供の歯磨きを親御さんがしっかりフォローしてあげることによって、口臭や虫歯、歯周病の予防につながります。

ただし、どんなに虫歯予防を行っても、虫歯になってしまうケースもあります。

虫歯ができてしまった場合は、症状が進行してひどくなってしまう前に、すぐに歯医者へ行って治療することが大切です。

歯磨き剤を過度に使用すると、口の中を清潔に保つための唾液が減ってしまうので、ケアのし過ぎには注意してください。

【原因②】口呼吸が多い

鼻が詰まっていないのに鼻呼吸ではなく、口呼吸をしている子供が増えてきています。

口で呼吸する癖がついてしまうと、口の中が乾燥して菌が繁殖しやすい環境になり、口臭や虫歯の原因になります。

しかも、口呼吸をしていると細菌やウイルスが体内へ侵入しやすくなってしまうので、風邪をひきやすくなるおそれもあります。

風邪などの病気によって免疫力が低下すると、口臭が起こりやすくなるとも言われています。

子供が口呼吸をしている場合は、日頃から鼻呼吸ができるようにトレーニングをしておくことが大切です。

口呼吸を鼻水が出たり鼻が詰まったりしていないか確認し、鼻呼吸ができるようになるまでサポートしてあげましょう。

【原因③】噛む回数が少ない

1回の食事で噛む回数(咀嚼回数)が少ないと、唾液が十分に分泌されないため、口臭の原因になるだけでなく、虫歯や歯周病の発症リスクも増加します。

唾液の分泌量が減少してしまうと、食べかすや歯垢などが口の中に残りやすくなり、口臭がひどくなることもあります。

唾液の消臭・殺菌効果によって、口臭や虫歯、歯周病などを予防することができるので、よく噛んで食べることが大切です。

Support

ささいな事でもけっこうです。
何か分からない事がありましたらお気軽にご連絡ください。
心を込めて対応いたします。

Tel

0120-917-948

10:00-20:00(土日祝除く)

Mail

support@
real-healthcare.com

24時間365日受付
土日祝のお問合わせには翌平日(10:00~20:00)にご回答いたします。
返信が来ないという方は、迷惑メールフォルダやドメイン指定が原因の可能性がございますので一度ご確認をお願いいたします。

  • キリツテイン
  • 全国児童養護施設ロゴ